研究職に向いている人の特徴

生活

こんにちは、ラボサラです。

 

この記事では、『研究職に向いている人の特徴5選』を紹介します。

就活が始まり、就職先について考えている方も多いと思います。

企業選びも重要ですが、職種希望も重要な要素です。

営業が良いのか、マーケティングが良いのか、会計が良いのか・・・

色々あると思います

 

今回は、研究職に向いている人の特徴をご紹介しますので、自身が当てはまるのか、

研究職はどんな人が向いているか知りたいって方の悩みを解消します!

 

研究職はこういう人が向いているっていうのがイメージできると思います。

 

こんな方に読んでいただきたい
・研究職を目指している
・研究職に興味がある
・自分が研究職に向いているか知りたい

 

スポンサーリンク

研究職に向いている人の特徴5選

さっそく結論から紹介します。これが私が思う研究職に向いている人の特徴です。

  • 研究・実験が好きな人
  • 情報収集が好きな人
  • コミュニケーション能力が高い人
  • 自分しかできない仕事をしたい人
  • ポジティブな正確な人

 

①研究・実験が好きな人

研究職の主な業務は、情報収集・実験・データ整理・書類作成です。

中でも、最も割合が大きいのが、実験です。

企業によっても異なりますが、私の職場では業務の50%が実験です。

  • 実験が好き
  • 探究心がある

など、実験が苦にならず、むしろ楽しめる人は向いていると言えます。

②情報収集が好きな人

情報収集も重要な仕事の1つです。

論文を読むだけでなく、特許や市場など様々な情報を収集する必要があります。

それぞれの情報収集には、大きく以下のような役割があります。

  • 論文調査:研究開発のヒントを得る
  • 特許調査:事業戦略を建てる
  • 市場調査:研究開発する技術が本当に売れるのか判断する

大学・大学院の研究の中では、論文調査がほぼ100%だったのに、他の調査も増えています。

企業の研究では、このような情報収集が楽しい・ワクワクするって人が向いていると言えます

③コミュニケーション能力が高い

研究職というと研究所にこもって、研究開発をしているイメージを持っている人も多いと思いますが、

一番コミュニケーション能力が問われる仕事でもあります。

 

自分の研究した内容を社内・社外に説明。共同研究先に説明。学会発表。顧客に個別で説明。。。

キリが無いほど、プレゼンする機会が多いです。

自分が研究した内容を、わかりやすく・相手の専門性に合わせた説明ができるかどうかが成功の大きな鍵になります。

加えて、海外とのやり取りが多いのも特徴です。

私も、毎日海外の共同研究先とメールのやり取りをし、月1~3回程度テレビ会議をしています。

 

それゆえ、

職種・人種問わず、コミュニケーションが取れる人が向いていると言えます。

④自分しかできない仕事をしたい人

研究開発は、計画・実験・失敗・考察・計画・改良・実験。。。の繰り返しです。

実験のやり方、考察の仕方、改良方法、ひとつひとつ考え抜いて、行動する必要がある業務です。

加えて、一部条件変更したようなルーティンワーク的な実験は、派遣社員さんに依頼することも可能です。

むしろ、ルーティンワークは派遣社員さんにお願いすることが多いです。

 

私自身、ルーティンワークは派遣社員さんにお願いし、生産性の高い仕事は自分でやっています。

なので、マニュアルに則った仕事の仕方ではなく、自分で考えながら行動する。

自分にしか出来ない仕事をしたい人には向いていると言えます

 

⑤ポジティブな性格な人

天才エジソンの有名な言葉にこんなこと言葉があります。

『天才とは、1%のひらめきと99%の努力である』

 

研究開発は、失敗改善の繰り返しです。

一度失敗したからと言って、諦めてしまっては良い研究開発は出来ません。

失敗の中にも、改善できた点・改善策を考え、ポジティブに捉えながら一歩一歩進むことが必要です。

 

ポジディブに物事を捉えることができる人には向いていると言えます。

 

 

最後に、学生時代に研究実績はなくても優秀な研究職なれる

皆さんは、先程の5つの特徴に当てはまっていましたか?

優秀な研究者は、学生時代に優秀な成果を上げた人ばかりではありません

アカデミックな研究者と企業研究者では必要なスキルが異なります!

私の会社でも、高専から研究職、文系で営業やってからの研究職など、大学・大学院で研究をやったことない人もいます。

 

研究職を目指しているけど、実績がないという人も目指してみてはいかがでしょうか?

研究職に興味がある人は、挑戦しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました