【研究職とは?】そもそも研究開発って何するの?

研究職の仕事

こんにちは

研究職サラリーマンとして、

『家族との時間を大切に、仕事は楽しくゆるゆると』をスローガンに

日々情報を発信しています。

 

皆さんは、研究開発者が日頃どのような仕事をしているのか・どのような働き方をしているのか、ご存知でしょうか?

多くの方は、研究開発者がご存じないかと思います。

そこで、本日は

研究開発とはどんな仕事?というテーマで、皆さんにご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

どんな仕事があるのか?

そもそも研究開発と、ひと括り(くくり)に括っても、

基盤研究・応用研究・商品開発と3つのステップに分類されます。

<基盤研究>

その名も通り、基盤的な研究です。

『大学研究の多くが、この基盤研究に当たる』と言い換えると、イメージできる方もいるかと思います。

新たな法則・定理などの発見を目的にして行われ、純粋研究・基礎研究とも言われます。

私の会社ではこの基盤研究に注力するケースは少なく、関連する大学と共同研究をするケースが多いです。

<応用研究>

実現可能性を判断するための研究です。

基盤研究の成果を応用し、2~5年と中長期的な目線で取り組むのが一般的です。

単に技術的に可能かどうか判断するだけでなく、市場調査やコスト比較など様々な視点で目標設定も行います。

そのため、基盤研究に比べると、営業やマーケティングなど他部署の人と仕事をする機会が増えます。

<商品開発>

企業商品を仕上げる研究です。

応用研究で交えた営業・マーケティングだけでなく、生産技術・設計・調達など製品製造に関わる様々な部署と連携します。

商品開発段階になると、実験も実験室規模(ラボレベル)ではなく実機相当な現場試験が中心になります。

そのため、業務の中心は、実機試験商品化に向けた他部署とのすり合わせが主な業務になります。

 

若手とベテランの違い

研究部門に配属される若手は、大学院または博士課程修了者がほとんどです。

(もちろん中には、高専卒や大卒で配属されるケースはありますが・・・)

そのため、若手社員は実験経験は豊富で、実験業務については即戦力であることが多いです。

一方、他部署との連携が必要な調整はこれからです。

そのため、最初はベテラン社員と組んで、実験を中心に、徐々に社内調整や打ち合わせに慣れていくというパターンが多いと思います。

 

私も、1年目の勤務時間の殆どは実験でしたが、

徐々に打ち合わせに出席するようになり、発表する機会も増加しました。

3年目の現在は、業務時間の3~5割程度を、会議出席やその資料作成に時間が取られるようになりました。

 

研究職に必要なスキル

若手のうちは、業務の殆どが実験になります。

したがって、実験経験は必須と言っても過言でないと思います。

実験計画・試験準備・実験・片付け このルーティンを自分でできるレベルであればどこの企業に就職してもある程度、仕事をこなせると思います。

 

私はこれに加え、好奇心がある人が向くと考えています。

論文・書籍を読みことも立派業務です。

むしろ、知識吸収を怠ってしまうと、新たな発想やシーズ発掘が難しいと考えています。

そして何より、実験をして道なことを解明していく好奇心が研究開発者の最大のモチベーションだと自負しております。

 

新しいことを学ぶことが好き・いろんなことを学びたいという方はぜひ研究職をご検討ください。

 

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今後も様々な情報を発信していきますので、よろしくお願いします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました