【研究職の仕事】研究開発者のリモートワークについて紹介!

育児と仕事の両立

こんにちは。

育児と仕事の両立に奮闘中のラボパパです。

この記事を書いた人(プロフィールはこちら
✔ 3人家族の一家の主 20代 関東在住
✔ 激務で知られる化学メーカーに就職
✔ ノルマを達成しつつ、月残業70時間を月残業30時間まで激減させた

 

研究開発職に馴染みのない方は、

研究開発の人ってリモートワーク・在宅ワークってあるの?できるの?

という方もいるのではないでしょうか?

 

この記事では、化学メーカーで研究開発職 5年目のラボパパのリモートワーク事情について紹介したいと思います。

  • 研究開発ってできるリモートワークってどんな感じ?
  • 頻度は?実験はどうしてるの??

という方は、ぜひ最後まで読んでみてください!

スポンサーリンク

リモートワーク・在宅ワークの頻度について

コロナウイルスの感染拡大に伴い、リモートワークが日本中で推奨されるようになりました。

私の職場でもリモートワークが導入された!

という方も多いのではないでしょうか。

 

私の勤めている会社でも、リモートワークが強く推奨されるようになりました。

実際に、パソコンがあればほとんどの仕事が可能な「人事部や経理部といった内務職」「商品の図面を作成する設計職」は、ほぼ100%リモートワークになりました。

 

一方、実験業務がある研究職の人はどれくらいできているの?といいますと、

ずばり、週1〜2回 約30%は、リモートワークしてます。

 

私個人的には、この30%という数値は、まだまだ改善の余地があると考えています。

 

リモートワーク普及が進んでいない理由として、実験業務での拘束が大きいです。

私の場合、

  1. <試験前> 実験準備 :試験装置の確認や薬品の調整
  2. <試験中> 実験開始 :1週間~数ヶ月と長期間の試験
  3. <試験中>サンプル分析:1日~1週間ごとに、サンプル採取・分析作業が必要
  4. <試験後> 片付け  :・試験系の片付け

試験前から試験後まで、手を動かしてやらざるを得ない業務があります。

 

一方、リモートワーク推進するという会社の方針があるため、

2〜3分で済むサンプル採取などは、「部署内の社員」や「実験サポートしてくれる派遣社員」にお願いして

リモートワークが徐々に浸透してきております。

 

私は、リモートワークにより、削減できた通勤時間を利用して、家事・育児の時間に当ててます。

「リモートワークを取り入れる」3つのメリット

リモートワークを取り入れる メリット3つ 紹介します!

私生活の質が向上

家で仕事をするリモートワークにより、通勤時間がなくなります。

その通勤時間を、家事や育児の時間とすることで、家族との時間を確保できます!

 

私の場合、

通勤時間は door to door で30分ほど、往復1時間です。

1時間あれば何ができますか?

私は、「10分でできる掃除」「朝ごはんの準備」、余った時間は「子供と遊ぶ貴重な時間」にしています。

優秀な人材確保

私の勤める会社では、リモートワークが推進される以前、

小さなお子さんがいる社員は、たとえ優秀な研究者でも、「時短勤務」や仕事の調整が効く「内務に移動」がほとんどでした。

 

リモートワークを導入されてからは、

同じ日でも、午前は出社して「実験」午後は自宅で「データ整理・資料作成」というような活用方法も浸透してきました。

 

その結果、

「出社」と「リモートワーク」を組み合わせることで、育児時間勤務時間をどちらも確保することができ、

優秀な研究者が、研究者として働き続けるケースが増えてきました。

生産性が向上

研究という仕事は、肩にハマったアイディアだけでなく、時には柔軟な発想で新しいことを考えなければなりません。

 

いわゆる、クリエイティブなアイディアは、リラックスしているときに思いつく、というやつです。

画期的な発想は、自宅やお風呂で思い付くなんて、よく言いますよね!?

 

実際に、実験データの解釈・考察をしているときは、

自宅で、リラックスをしているときに、理にかなったアイディアを考えつくことが多いです。

  1. まったりコーヒーを飲んでいるとき
  2. 休憩で家族と雑談しているとき

居心地の良い落ち着いた場所で仕事をすることで、ふとしたアイディアが浮かぶ、これはリモートワーク最大のメリットと考えます。

これからもリモートワークを上手に活用し、育児と仕事の両立目指して、がんばります!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました