出産の立ち合いでパパがすべきこと

Uncategorized
出産の立ち合いなんて初めてで、何をしたら良いかわからない・・・

出産を立ち会う『旦那さん』によくある悩みですが、

ポイントさえ抑えれば「出産のサポート」は誰でもできるようになります。

 

この章では、『これだけは抑えたいポイント3つ』を紹介します!

 

3つのポイントなら誰でも覚えられ、当日あたふたしなくなります!!

スポンサーリンク

① 長丁場に備えた「買い出し」

初産の場合は、出産に時間がかかる傾向があります。

私の妻も、分娩室に入ってから14時間かかりました。

 

妻の状態・助産師さんの手隙具合を確認して、買い出しに行きましょう!

  • 妻用の飲み物・ウィダー
  • 自分用の飲み物・軽食(おにぎり等)・栄養ドリンク

ここで、分娩室に戻る前に栄養ドリンクを密かに飲んでおくことをお勧めします!!

② 助産師さんの指示に従って!

何度も出産を経験している『助産師』さんは、出産サポートのプロです。

病院の備品・設備などに合わせて、アドバイスもらえることがほとんどです。

  • 汗をタオルで拭き取ってあげて!
  • テニスボールで押してあげて!
  • もう赤ちゃん産まれるから、カメラ準備して!

細かく指示受けるので、全部事前に覚えなきゃいけない!!と気を張らなくで大丈夫です

③ 周りの人、そして妻に感謝の言葉を

まずは出産を終えた妻に、目一杯の感謝を伝えましょう!

そして、これからが家族3人またはそれ以上の生活の始まりです。

 

出産を終えた妻は疲れてます。

両親や親戚への連絡は、パパが率先して行いましょう!

最後に

今回は『出産立ち合い前に、パパが覚えておくこと』について、解説しました。

パパも長丁場で大変な出産です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました