家族みんなが笑顔になる「イクメンの特徴」 4選

パパの子育て

もうすぐ我が子が産まれる・産まれたというパパにとって、

はじめての育児で何をしたら良いかわからない!

という人がほとんどだと思います。

私もコロナ禍のため両親学級もなく知識がないまま、第一子が産まれました。

そんな私も今では、

フルタイム共働き夫婦ですが、
毎日我が子と遊び、ママと娘の3人で笑顔に楽しく暮らしています

 

今回は、「家族が笑顔になるイクメンの特徴 4選」を作ってみました。

イクメン イクメンっていうけど、何が違うの?

という人は是非最後まで読んでみてください!

 

既に、家事育児の両立に取り組んでいる!
もっと充実したものにしたい!

という人はこちらを読んでみてください!!

 

スポンサーリンク

イクメンの特徴

そもそもイクメンは、子育てに積極的に参加するパパのことを言います。

「イクメン」とは「子育てする男性(メンズ)」の略語。単純に育児中の男性というよりはむしろ「育児休暇を申請する」「育児を趣味と言ってはばからない」など、積極的に子育てを楽しみ、自らも成長する男性を指す。 引用元:コトバンク

意外と広い言葉なんです!

 

僕は料理ができない。。。イクメン失格だ〜

とは思わず、できるところからコツコツで大丈夫です。

一歩ずつ、育児と仕事の両立目指して頑張りましょう!!

子供とたくさん遊べる

子供とたくさん遊べるのはイクメン最大の特徴です。

パパと子供がたくさん遊ぶことで、ポジティブサイクルが生まれます。

そのため、子供とたくさん遊ぶことは、みんなが笑顔な家庭を築く上で最重要ポイントです。

ママは家事をすることはもちろん、ママの時間を確保できます。

我が家では、ガーデニングしたり、裁縫したりといった趣味の時間を作ってあげることで、お互いストレスフリーな家庭を気付くよう心がけてます!

子供のお世話ができる

「着替え」「オムツ交換」「食事」「お風呂」「寝かしつけ」・・・

とにかく盛りだくさんです。

 

1つずつでもコツコツと、我が子のお世話ができるようになりましょう!

【初級】子育て中のパパが次に覚えるべき子供のお世話5選(近日公開)

【中級】子育て中のパパが次に覚えるべき子供のお世話5選(近日公開)

家事ができる

子育てが始まるとママは子供のことで手一杯になります。

産まれてからの数ヶ月は、昼夜問わずの授乳と夜泣きで、体力は限りなく削られてます。

そんなとき、パパが少しでも家のことをしてくれると、ママはゆっくりできます。

パパは授乳はできませんが、家事をすることで、ママの負担を軽減できるんです!

 

家事というとハードル高いと感じる方もいるかもしれません。

しかし、超簡単な家事もたくさんあります!!

ハードル別にパパが覚えるべき家事をまとめてますので、1つずつでも多くトライしてみてください!!

妻をいたわってあげられる

仕事も育児も両立頑張っているパパにとって

仕事も頑張ってるし、育児も手伝ってる!

と考えたことありませんか?

 

本来、子供の世話はパパママ2人で、家事もパパママ2人で分担が鉄則です。

「手伝うという感情」は、いますぐ捨ててください!!

 

オムツを変えてくれたら、「ありがとう!」を言いましょう。

料理を作ってくれたら、「いつも美味しいご飯ありがとう!」を言いましょう。

掃除をしてくれたら、「いつも綺麗にしてくれてありがとう!」を言いましょう。

 

そして、時にはママの時間を作ってあげて、リフレッシュさせてあげましょう!

仕事が忙しくて、時間を作れないというパパには、家事代行サービスをオススメします。

利用頻度によりますが、ひと月あたり5000円〜20000円で家政婦がいるような生活ができます。





まとめ

イクメンの特徴について、まとめてみました。

私自身まだまだ修行中のみですので、みなさん一緒にイクメン目指して頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました