【スマートスピーカー】育児を楽にする「Google Home」 何ができる!?

育児『楽』アイテム

こんにちは。

育児と仕事の両立に奮闘中のラボパパです。

この記事を書いた人(プロフィールはこちら
✔ 3人家族の一家の主 20代 関東在住
✔ 激務で知られる化学メーカーに就職
✔ スマートスピーカー”Google Home”を愛用し、計4台 所有
✔︎ ”Google Home”を徹底活用し、年間100時間の「家事・育児・仕事の効率化」に成功!

 

スマートスピーカーは、「家電量販店」「Amazon」など、見かける機会が増えたと思います。

 

しかし、まだまだ家庭への浸透はしておらず、現在 スマートデバイスの普及率は「11.8%」 です。

(出典)コネクテッドホーム・スマートデバイス市場意識調査20201

 

多くの方は、スマートスピーカーと聞いて、

なんとなく知ってるけど、難しいんでしょ!?

という方も、いらっしゃるのではないでしょうか?

 

私も、スマートスピーカー活用する前は、「設定大変」「複雑」「高い」と思ってました。

そんな私も今では、

スマートスピーカー”Google Home”を愛用し、計4台 所有し、
”Google Home”を徹底活用し、年間100時間の「家事・育児の効率化」に成功しています。

 

この記事では、

スマートスピーカーを愛用して、4台使いこなす ラボパパの「スマートスピーカー活用方法」

について紹介したいと思います。

 

  • スマートホーム興味あるけど、初心者にもできるの??
  • そもそも、スマートスピーカーってなに?何ができるの!?

という方は、ぜひ最後まで読んでみてください!

スポンサーリンク

スマートスピーカーとは「どんなもの??」

簡単にいうと、「AIが搭載されたスピーカー」です。

 

具体的にどんなことができると言うと、

いろんな機材と連携することで、「音声だけで、家事・育児・仕事の効率化ができるスピーカー」です!

  • 電気のON/OFF
  • 家電の操作
  • メモの記録
  • リマインド設定

 

スマートスピーカーで家電を操作??
そんなハイテク無理〜!!
うちの家電古くて、ネット繋げられないや!

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな方には、「スマートリモコン」と呼ばれるものを活用することで、

たった「1万円」で、「簡単に」「古い家電」も「連携」することが、できます!

スマートスピーカーを活用した「生活」はどんな感じ!?

どんなことができるかイメージしていただけるよう、

まずは「我が家の状況」を紹介します。

カーテンが自動で開いて朝日で起床。

私の1日は、朝日でスッキリ起床するところから始まります。

就寝中は、温度・湿度をセンサーで測定し、一定にするように、エアコン・加湿器が稼働しています。(夏場はエアコンのみ)

起床時間になると、自動でカーテンが開き、朝日によってスッキリ起床することができます。

毎朝、目覚ましで叩き起こされることがなくなり、私は寝起きもよくなりました。


 

「おはよう」の挨拶で、リビング・キッチンの電気・家電つけてくれる。

Google Homeに「おはよう」と挨拶すると、

リビングとキッチンの照明をONにしてくれます。

 

また、家電の電源も入れてくれて、朝食準備が始まります。

今までは、常に電子レンジ・トースター・ケトル・炊飯器といった家電は電源入っていましたが、

使う時だけ電源ONにしてくれるので、節電にもつながります。

 

さらに、天気予報 や 今日の予定 も教えてくれます。

Googleカレンダーには、何のゴミの日入れているので、

「今日は 燃えるゴミの日 の予定が入っています」というようにゴミ捨ても教えてくれます。


「行ってきます」の挨拶で、エアコン・テレビ・電気を消してくれる。

「OK Google 行ってきます!」で、エアコン・テレビ・電気を消してくれる。

さらに、もう一度今日の予定を言ってくれるので、うっかり忘れかけていた「燃えるゴミ」の捨て忘れをせずに出勤できます。

帰宅前に、自動でエアコンがON。帰宅前には快適環境にしてくれる。

外出先から帰るとき、自宅方向に向かうとGPSと連動し、エアコンが自動でON。

帰る頃には快適な暖かい状態に。


 

「ただいま」の挨拶で、電気・家電の電源ON。テレビを見ながら夕食準備。

「OK Google ただいま!」というと、テレビ・電気・家電をつけてくれます。

 

すぐさま夕食の準備。タイマーセットしたいと思ったら、

「OK Google タイマーを10分にセットして」と、ハンズフリーでタイマーをセット。

 

一息ついて、いつもの番組見たいなと思ったら、

「OK Google テレビのチャンネルを4にして」というと、いつもの番組に。

 

「おやすみ」の挨拶で、照明けして就寝。

「OK Google おやすみ」というと、

寝室の照明を常夜灯・間接照明ON、その他の照明は全てOFFにしてくれる。


スマートスピーカー導入で「必要なモノ」

(必須)スマートスピーカー

まずはスマートスピーカーですね!

Google HomeAlexaが有名です。

 

  • どっちがいいの??
  • 何が違うの??

という方!!どちらでもOKです!!(私は両方使ってます)

やれることは基本的に一緒です。

  • 音声操作で、「予定・天気の確認」 や 「簡単に調べ物」ができる。
  • モニター付きタイプの場合、デジタルフォトフレームとしても活用できる。私は、30枚程度の家族写真を設定し、常に流してます。
  • 赤外線リモコンと連携して、家電を声で操作できるようになる。

 

Google Home:音声認識の精度が高いです。Alexaだとたまに、正しく聞いてくれない時がありますが、Google Homeだとそれがかなり少ないです。また、Google関連との連携ができるところが嬉しいです。(個人的にはこちらをお勧め)

<音声のみタイプ>



<モニター付きタイプ>


 

 

Alexa:安い。AmazonプライムデーとかでAlexaは安売りされるので、安く始めたい方はAlexaをお勧めします。

<音声のみタイプ>


 

<モニター付きタイプ>


(必須)赤外線リモコン

赤外線リモコンで操作する機器を、スマホアプリから操作できるようになります。

さらに、先程のスマートスピーカーと連動させることで、声で家電操作も可能になります。

有名な赤外線リモコンは、Nature RemoSwich Botの2種類。(両方所持してます)

 

それぞれのメリット

  • Nature Remo:GPSとの連携ができます。GPSとの連携により、半径100mを出たらOFF、半径100mに入ったらONといった操作ができ、外出先からわざわざスマホ操作することなく、帰宅時に快適環境を作れます。
  • Switch Bot:シリーズ連携ができます。物理的にボタン操作ができるSwitch Bot(指ロボット)と連携できます。また、各社発売されてますがスマートカーテンやカメラをSwitch Botシリーズに統一することができます。

 

どちらもお勧めですが、

私はGPS連携をしたいので、Nature Remoをメインで使用しています。



まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スマートスピーカーを愛用して、4台使いこなす私のGoogle Home活用術について紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました