【妻のトリセツ】夫婦円満の秘訣は女性にあり!!夫が取るべき行動3選!!

生活

こんにちは、ラボサラです。

先月、入籍したばかりの新婚夫婦です。

 

ある日、突然両親からこんなラインが・・・

 

お母さん
お母さん

あんたこれ読んで勉強しなさい!


妻のトリセツ??

どうしたの急に・・・

 

お父さん
お父さん

夫婦円満の秘訣は女性にある

これ読んでしっかり理解しなさい

 

とりあえず、Kindleで買ってみるね

ということで、

Kindleにて、『妻のトリセツ』を購入し、読んでみました。

 

そもそも男女の脳の違いがあることが判明!!

女性は、悪い記憶も良い記憶も、まるで今日起きたかのように思い出すことができる

そうです。

女性すごいですね・・・私は、よく忘れます・・・

 

夫婦円満に暮らすためには、ネガティブトリガーを減らし・ポジティプトリガーを増やすことが必要だとあります

 

その中で、この本を読んで学んだ『夫婦円満に暮らすための知恵3選』紹介します

スポンサーリンク

提案ではなく、共感する

女性は、共感されることでストレスが解消される脳を持っている

男性の皆さん、女性の会話はこう感じたことありませんか?

・『わかるわかる!!』『そうそう!』と頷きが多い

進展の無い会話

時間の無駄・会話が理解できない

 

そもそも 男性脳と女性脳で会話の目的が違うとのこと。

著者
著者

会話の目的

  • 男性:問題解決
  • 女性:共感

女性は、共感欲求が高い

そして、共感してもらえると、ストレスが解消される!

 

女性は、男性との会話で問題解決・提案を望んでいるわけではありません

『こうしたら良いんじゃない?』

『こんなのはどうかな??』

とか言っていませんか??

 

奥さんは、共感をしたいんです。

『共感』してあげましょう!!

 

他愛もない会話をする

女性は、共感することで、あたかも自分の体験したかのように吸収できる

昨日さ、駅の階段で転びそうになった

めっちゃ焦った~

そうだったんだ~大丈夫だった?

(次から私も気をつけなきゃ・・・)

こんな会話聞いたことありませんか?

 

 

著者
著者

女性にとっての共感 = 女性は、他人の体験談を『とっさの知恵』に変える行為

 

女性同士の会話では、

  • 自分の身に起こったささやかなことを喋り合い(知のプレゼント)
  • 相手から貰った『知のプレゼント』を『とっさに使える知恵』に変換する

 

実は、

女性の会話で、『わかるわかる!!』『そうそう!』と頷きが多いのは、

自分の体験談かのように吸収しているためなのです

 

決して、進展のない無駄話をしているわけではありません

オチがなくても良い。愚痴でも良い。小さなことから話そう。

女性にとって、会話の目的は『共感すること』『知のプレゼント交換』です

つまり、夫がすべきことは『知のプレゼント』です

 

  • 今日、オフィスの角で先輩とぶつかりそうになった
  • 通勤途中の〇〇駅周辺の桜が綺麗だった
  • 帰り支度してたのに、上司に仕事振られた・・・

オチなんてなくて良いんです!小さな愚痴でも良いんです!

 

共感をプレゼントしてあげましょう!!

えこひいきする

女性は、自分自身の空間を思い通りに制御できないと、不安・不快感が募りやすい

 

著者
著者

女性は、半径3メートル以内を自分の空間として無意識に支配する。

その空間を自分の思い通りに制御できないと、『見落としていることがある』という感覚に陥り、不安と不快感が募り、ストレスがたまる。

女同士で 自分自身の空間が重なり合うと、思い通りに空間を制御できないそうです。

 

では、夫にはどんなことができるのだろうか・・・

 

妻の味方をしよう!!

<嫁と姑>

嫁と姑が、互いにイラつく原因は、この制御空間がぶつかり合うから

 

夫の実家への帰省は、妻は夫の両親の空間に踏み入れることになります

  • 夫にとっては、くつろげる場所
  • 妻にとっては、職場よりも気が張る場所

このことを理解することが重要です

 

夫がすべき行動

  • 嫁姑の間に入るように、家事を手伝う
  • 妻を責められたときは、うまく交わす

とにかく妻の味方をする

 

 

<嫁と娘>

女同士、妻と娘でも制御空間のぶつかり合いは起こる

 

妻が正論なときはもちろん・・・娘が正論のときも・・・

とにかく妻の味方をする

著者
著者

父親がやるべきことは、妻と娘がもめていたら、どちらの言い分が正しいかをジャッジすることではない。

『どちらが正しいかは関係ない。お母さんを侮辱した時点でおまえの負けだ』と娘に告げることだ。

 

夫としては正論な方に味方をしがちですが、

『母親を大事にする』父親を嫌いになる子供はいないですよね

 

最後に

『妻のトリセツ』を読んで、

私自身がこれから実践してみようという3選について紹介しました

  1. 共感をする
  2. 他愛もない会話をする
  3. えこひいきする

他にも、たくさん夫婦円満にする方法が書かれてます。

後半には、ポジティブトリガーを引く方法まで書かれています。

 

もっと妻との関係を良くしたい。

良い家庭をつくりたい。

という方にはおすすめです。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました